会の概要・あゆみ・定款等

日本歯科衛生士会の概要

名 称 公益社団法人日本歯科衛生士会
設 立 昭和26年(1951)10月27日
所在地

〒169-0072

東京都新宿区大久保2-11-19

公益社団法人日本歯科衛生士会 所在地

連絡先

TEL 03-3209-8020

FAX 03-3209-8023

会員数

22,405名(社含む)

正 会 員 17,142名(名誉会員6名、終身会員55名含む)

学生会員 5,112名、第二会員 122名、賛助会員 29社

日本歯科衛生士会 役員

【役員および担当業務】

任期は、令和元年6月16日から2年後の6月に開催の定時代議員会まで

役職 勤務形態 氏名 所管業務 所属会等
会 長 非常勤 武井 典子 - 東京都
副会長 非常勤 上田 和美 - 兵庫県
副会長 非常勤 茂木 美保 - 東京都
専務理事 非常勤 河野 章江 - 東京都
常務理事 非常勤 久保山裕子 歯科衛生推進部 福岡県
常務理事 非常勤 根岸 麻理 財 務 東京都
常務理事 非常勤 武藤 智美 歯科衛生推進部 北海道
常務理事 非常勤 浪岡多津子 生涯研修部 岩手県
常務理事 非常勤 山口 朱見 歯科衛生推進部 千葉県
理 事 非常勤 小原 由紀 学会部、国際部 東京都
理 事 非常勤 伊藤眞知子 広報部 東京都
理 事 非常勤 吉本 美枝 生涯研修部 京都府
理 事 非常勤 小前みどり 歯科衛生推進部 兵庫県
理 事 非常勤 関口 洋子 歯科衛生推進部 東京都
理 事 非常勤 千葉 茂美 組織部 岩手県
理 事 非常勤 中村 郁子 組織部 茨城県
理 事 非常勤 吉澤 茂美 組織部 福井県
理 事 非常勤 髙田橋美幸 組織部 大阪府
理 事 非常勤 成行 稔子 組織部 香川県
理 事 非常勤 宮脇恵美子 組織部 鹿児島県
監 事 非常勤 渡邊 洋子 - 東京都
監 事 非常勤 今村  敬 - 公認会計士

あゆみ

1948年 歯科衛生士法制定・公布
1949年 歯科衛生士養成始まる
1950年 日本で最初の歯科衛生士誕生(歯科予防処置の専門職となる)
1951年 日本歯科衛生士会設立
1953年 日本歯科衛生士会会報第1巻(1号)発行
1955年 歯科衛生士法一部改正(歯科診療の補助の追加)
1966年 社団法人日本歯科衛生士会設立
1972年

日衛だより第1号の発行

日本歯科衛生士会学術誌創刊

1973年 日本歯科衛生士会初の学術集会開催
1975年 第5回歯科衛生国際シンポジウム開催(東京)
1981年

「歯科衛生士憲章」制定

日本歯科衛生士会学術大会開催(学術集会の名称変更)

1983年 歯科衛生士学校養成所指定規則の改正、2年制教育始まる
1989年

歯科衛生士法一部改正(厚生大臣免許、歯科保健指導の追加)

歯科衛生士法制定40周年・法改正記念式典・祝賀会開催

1990年 厚生大臣指定講習会の開始
1992年 第1回全国統一歯科衛生士試験の実施
1995年 第13回歯科衛生国際シンポジウム開催(東京)
1998年 歯科衛生士法制定50周年記念大会開催
2004年 4年制大学の歯科衛生士教育始まる
2005年

歯科衛生士学校養成所指定規則の改正による3年制教育始まる

教育年限延長に伴う専門研修Ⅱ「特定コース」の開始

2006年 日本歯科衛生学会設立・第1回学術大会開催
2008年 認定歯科衛生士制度が始まる
2009年

第3次生涯研修制度始まる、認定歯科衛生士が誕生

歯科衛生士法一部改正(歯科衛生士試験の名称を歯科衛生士国家試験とする)

2010年 歯科衛生士法施行規則一部改正(国家試験科目の改正)
2011年 歯科口腔保健の推進に関する法律の公布・施行
2012年

公益社団法人 日本歯科衛生士会 設立

会創立60周年記念の会開催

歯科衛生士のあゆみ―日本歯科衛生士会60年史―発行

2014年

歯科衛生士法一部改正

(法第2条第1項の改定及び第13条の5追加)

2017年

「歯科衛生士の研修指導者・臨床実地指導者等講習会」が始まる

2019年

会創立65周年記念の会開催

歯科衛生士のあゆみ(2012to2017)発行

定款等

公益社団法人日本歯科衛生士会定款

公益社団法人日本歯科衛生士会定款施行規程

公益社団法人日本歯科衛生士会代議員会運営規則

公益社団法人日本歯科衛生士会代議員選挙規則

公益社団法人日本歯科衛生士会会員規程

公益社団法人日本歯科衛生士会会費規程

公益社団法人日本歯科衛生士会役員の報酬等に関する規程

歯科衛生士憲章

私たちは、職業の重要性と社会的使命を強く自覚し、ここに歯科衛生士憲章を制定し、その実践を期するものである。

  • 1.私たちは国民の歯科衛生を担う者として誇りと責任をもって、社会に貢献する。
  • 1.私たちは常に地域住民の立場を理解し誠実に業務を遂行する。
  • 1.私たちは社会の信頼に応えるよう常に人格の形成、知識及び技術の向上に努める。
  • 1.私たちは関係諸法令を遵守し歯科保健医療の向上に寄与する。
  • 1.私たちは常に歯科衛生士業務発展のため相互の融和と団結に努める。

※「歯科衛生士憲章」は、昭和56年、会創立30周年を記念して起草された。

日本歯科衛生士会歌

日本歯科衛生士会歌の楽譜・歌詞

会歌の配信

下記にて会歌を再生できます。どうぞご視聴ください。

K330-3.mid

ご視聴いただくには、Windows Media Playerが必要です。下記よりダウンロードください。