日本歯科衛生士会

ENGLISH

TOP » 日本歯科衛生士会の概要

日本歯科衛生士会の概要

会長挨拶

口腔のケアで健康寿命の延伸に貢献します!

歯・口腔には、食べる、噛む、飲み込む、話す、呼吸するなど、さまざまな働きがあります。その働きの一つにでも障害があると、歯・口腔のみならず、全身の健康や生活の質の維持向上をはかるうえで、大きな影響を及ぼします。


歯科衛生士は、すべてのライフステージに応じた歯・口腔の健康づくりの専門職として、皆様の身近な場所で活動しています。


かかりつけの歯科医院、病院、地域の保健センター、保健所、保育所・幼稚園、学校、企業の健康管理室、そして、高齢者の居宅や介護保険施設、障害児(者)等の社会福祉施設など、歯科医療施設だけでなく、地域や様々な施設において、歯・口の健康づくりや口腔ケアの支援を行っています。


その歯科衛生士を代表する全国の会が日本歯科衛生士会(Japan Dental Hygienists’ Association)であり、47都道府県の歯科衛生士会とともに全国ネットの活動を行っています。また、日本歯科衛生学会(The Japan Society for Dental Hygiene)は、高い専門性と科学的根拠にもとづく業務の実践を目指し、学術研究活動を行っています。


このように、日本歯科衛生士会は、国民の皆様が、生涯を通じて笑顔溢れる健やかな生活を送ることができるよう、そして皆様の健康寿命の延伸に貢献できるよう、安心、安全で、心優しい歯科保健・医療を届けるために、日々の活動を行っています。そして、いつでもどこでも皆様のお役にたちたいと願っております。

公益社団法人 日本歯科衛生士会
会長 武井典子

日本歯科衛生士会について

日本歯科衛生士会は1951年(昭和26年)10月に設立され、60年余を経過しました。
その間、全国の都道府県に歯科衛生士会が設立され、47都道府県歯科衛生士会とのネットワークをベースとして、定款規定に基づき次の事業を行っています。

目 的

日本歯科衛生士会は、都道府県歯科衛生士会との連携のもと、歯科衛生士の資質の向上及び倫理の高揚ならびに歯科衛生の実践に根ざした学術研究の振興を推進し、あわせて、歯科衛生の普及啓発を図ることにより、国民の健康と福祉の増進に寄与することを目的としています。

事 業

一 歯科衛生士の資質の向上及び倫理の高揚に関すること

二 日本歯科衛生学会の開催等、学術研究の振興に関すること

三 歯科衛生の普及啓発に関すること

四 歯科衛生業務の改善及び向上に関すること

五 歯科衛生の国際協力に関すること

六 都道府県歯科衛生士会等、関係団体との連携協力に関すること

七 その他本会の目的達成のために必要なこと

事業内容

Ⅰ 歯科衛生士の資質の向上及び倫理の高揚ならびに学術研究の振興により、歯科衛生士の人材育成を図り、国民の健康と福祉に寄与する事業

1 歯科衛生士の資質の向上及び倫理の高揚に関する事業

(1)生涯研修事業

・専門研修の企画・運営・推進

・認定研修(認定歯科衛生士セミナー)の実施

・認定歯科衛生士の認定・登録・更新

・その他生涯研修に関すること

(2)地域歯科衛生活動の指導者育成

・歯科衛生推進フォーラムの開催等

(3)歯科衛生士の就業状況・意識等に関する実態調査

(4)歯科衛生に関する国際協力

 

2 歯科衛生の学術研究の振興に関する事業

(1)日本歯科衛生学会学術大会の開催

(2)日本歯科衛生学会雑誌の発行、配布

(3)学会運営会議等

(4)研究助成

(5)その他学会の目的達成に必要なこと

Ⅱ 歯科衛生の普及啓発により、国民の健康と福祉の増進に寄与する事業

1 歯科衛生の普及啓発及び広報に関する事業

(1)歯科衛生だよりの発行、配布

(2)学生だよりの発行、配布

(3)歯科衛生普及啓発用冊子等の発行、配布

(4)Webサイトによる歯科衛生情報等の配信

Ⅲ 地域の歯科衛生活動を支援することにより、国民の健康と福祉の増進に寄与する事業

(1)大規模災害被災地の支援活動

(2)地域歯科衛生活動の支援

Ⅳ その他事業

1 都道府県歯科衛生士会及び地区との連携、及び会員管理等に関する事業

(1)都道府県歯科衛生士会会長会の開催

(2)ブロック連絡協議会開催助成

(3)会員拡大・管理・育成

 

2 会員の相互扶助に関する事業

Ⅴ その他本会の目的達成のために必要なこと

CONTENTS

入会のご案内

住所・氏名等が変わったら届け出が必要です。

各種資料・刊行物ダウンロード

各種情報

ページの先頭へ

©Japan Dental Hygienists’Association