日本歯科衛生士会

ENGLISH

TOP » トピックス

トピックス

2018年12月1日

告示

公益社団法人日本歯科衛生士会代議員選挙のお知らせ

選挙管理委員会

定款第12条及び代議員選挙規則に基づき、代議員選挙を下記のとおり執り行います。

1 選挙期日 平成31年 3月6日(水)
2 代議員選出数 都道府県の平成30年9月30日現在の正会員数に基づいて決定
(選挙区別の代議員数は、別表のとおり)
3 選挙人 平成30年12月6日現在(選挙期日の90日前)の正会員
4 被選挙人 平成30年12月6日現在の正会員であって、属する都道府県の区域内の正会員5人以上の推薦をうけた者
5 立候補の届出
(1)立候補者は、正会員5人以上の推薦を受け、所定の立候補届出書類(立候補届出書、経歴書、推薦書)を所属する都道府県歯科衛生士会に提出する。
(2)立候補届出書類は日本歯科衛生士会ホームページからダウンロード、または都道府県歯科衛生士会に申し出る。
6 届出期間
(1)立候補者から所属の都道府県歯科衛生士会への届出期間
平成30年12月6日~平成30年12月26日(必着)
(2)都道府県歯科衛生士会から選挙管理委員会への届出期間
平成30年12月6日~平成31年1月5日(当日消印有効、書留郵便)
7 当選者の決定
(1)選挙区ごとの候補者が定数を超えないとき
当該選挙区の候補者を当選者とし、投票によらず決定する。
(2) 選挙区ごとの候補者が定数を上回るとき
郵便投票により選出する。
選挙管理委員会から平成31年2月1日付で都道府県別・候補者一覧表及び投票用紙(返信用封筒を含む)を選挙人に送付
投票期間:投票用紙の到着日から平成31年3月6日まで(当日消印有効)
開票及び当選者の決定:平成31年3月9日、選挙管理委員会の指揮監督のもと、開票立会人が立会い、開票管理人が開票事務を行い、当選者を決定する。
8 当選者の告示
選挙管理委員長は、当選者について都道府県歯科衛生士会長及び候補者本人に書面により通知。同時に、日本歯科衛生士会ホームページに掲載した後、直近の歯科衛生だより(会報)に掲載し、全国の正会員に報告する。

(別表)

各選挙区の代議員数

(平成30年9月30日現在の正会員数に基づく代議員の数)      89名

選挙区定 数選挙区定 数選挙区定 数選挙区定 数
北海道3青森県1岩手県1宮城県1
秋田県1山形県1福島県1茨城県2
栃木県1群馬県2埼玉県2千葉県 2
東京都 6神奈川県 3山梨県1長野県 3
新潟県3富山県1石川県1福井県1
岐阜県2静岡県 3愛知県5三重県 2
滋賀県1京都府2大阪府 5兵庫県6
奈良県1和歌山県1鳥取県1島根県1
岡山県 2広島県2山口県1徳島県1
香川県 2愛媛県1高知県1福岡県3
佐賀県1長崎県1熊本県3大分県1
宮崎県1鹿児島県1沖縄県1  

代議員選挙立候補届出書類 様式

 「立候補届出書類提出にあたっての注意事項」・「記載例」・「チェックシート」

 様式1 「代議員立候補届出書」

 様式2 「経歴書・推薦書」

トピックスの一覧へ戻る

CONTENTS

入会のご案内

住所・氏名等が変わったら届け出が必要です。

各種資料・刊行物ダウンロード

ページの先頭へ

©Japan Dental Hygienists’Association