日本歯科衛生士会

ENGLISH

TOP » 日本歯科衛生士会の概要 » 禁煙推進宣言

禁煙推進宣言

禁煙推進宣言

禁煙推進宣言

  喫煙は、歯周病や口腔癌発症等の原因となることが、医学的に明かにされています。
  また、喫煙は喫煙者本人だけでなく、家族など周りの人々にも<受動喫煙>による健康被害を及ぼします

(社)日本歯科衛生士会は、国際歯科衛生士連盟(IFDH)と連携し、口腔と全身の健康を守るため「禁煙」を推進し、次のことを宣言します。

  1. 私達は、歯科衛生士自身の禁煙を推進します。
  2. 歯科衛生士学生に、たばこと健康の関連について教育をより一層充実させます。
  3. たばこが健康に及ぼす悪影響について、正しい知識を国民に普及・啓発します。
  4. 健康増進、歯科保健活動を通じて禁煙が実行できるよう、支援の充実を図ります。
  5. 受動喫煙を防止するため、保健医療福祉施設などの公共施設における禁煙・分煙の環境整備を推進します。
  6. 禁煙を推進する諸団体と協力して、たばこのない社会づくりに貢献します。

CONTENTS

入会のご案内

住所・氏名等が変わったら届け出が必要です。

各種資料・刊行物ダウンロード

各種情報

ページの先頭へ

©Japan Dental Hygienists’Association