日本歯科衛生士会

ENGLISH

TOP » 歯科衛生士とは » 歯科衛生士・その現場から » 市民の健康をサポートしています!

歯科衛生士・その現場から

歯科衛生士・その現場から

市民の健康をサポートしています!

高橋 訓子さん  柏市保健所 社団法人千葉県歯科衛生士会

私の勤務する柏市は、千葉県の北西部に位置し、平成17年3月に沼南町と合併して、人口は396,056人、世帯数157,066(平成21年5月1日現在)です。市の特徴は、都市型と農村型の2面を持ち手賀沼に面した自然豊かなところで、都心への通勤、通学にも30分程度のアクセスです。また高層マンションの開発等により若い世代の転入がとても増えております。そして平成20年4月には中核市となり、柏市保健所を有しその中で歯科衛生士6名が公衆衛生を担っております。我が地域健康福祉課は、総勢47名(歯科衛生士5名、保健師28名、栄養士4名、心理相談員1名、言語指導士5名、事務4名)で、従来の保健所機能である難病、未熟児等へ対応と市町村保健センターとして市民への身近なところでの保健サービスの役割を持っております。

ライフステージへの歯科保健サービス

柏市地域健康福祉計画の中に位置づけられ、基本的な考え方として、「だれもが、その人らしく、住みなれた地域でいきいきと暮らせるまち」をめざして、市民一人ひとりの健康づくりと自立生活を支援することを理念とした保健サービス体系となっております。

幼年期(0歳から)少年期(14歳まで)には、1歳6か月児歯科健診、3歳歯科健診、むし歯予防教室(栄養士との共同)での健康教育・相談・フッ素塗布、母と子のつどいでの啓発、幼稚園・保育所での歯みがき指導、学童小学校1年生全校(41校)での授業による歯科指導、依頼による就学前・他学年・中学生へ総合学習で歯科指導、青年期(15歳から)には、母親学級での歯科医師との講話による衛生教育、歯周疾患健診(20歳、30歳、40歳、50歳)、高齢期(65歳から)にはいきいきはつらつ教室での健口体操の普及、摂食・嚥下,誤嚥性肺炎の予防などの健康教育・相談、また、障害児・者に対しては歯科健診、フッ素塗布、口腔ケア、保護者、施設職員への指導等行っております。
その他、定期開設の歯科相談室、電話相談、施設や団体からの依頼による健康教育は随時行っております。これらの事業は、他職種の連携の下に行われております。そして地域での啓発を行う場合は、市内を20地域に分けており、それぞれ地域担当の保健師がおりますので相談しながら進めていきます。
また歯科保健は、食と口は一体であるという考えから歯科、栄養システム検討会を歯科医師会、行政(保健師、歯科衛生士、栄養士)で開催しております。これらの事業を進める上で、歯科医師会との連携・協力は不可欠なので先生方よりいろいろアドバイスを頂き次年度の計画へ生かしております。

幼年期(0歳から)少年期(14歳まで)には、1歳6か月児歯科健診、3歳歯科健診、むし歯予防教室(栄養士との共同)での健康教育・相談・フッ素塗布、母と子のつどいでの啓発、幼稚園・保育所での歯みがき指導、学童小学校1年生全校(41校)での授業による歯科指導、依頼による就学前・他学年・中学生へ総合学習で歯科指導、青年期(15歳から)には、母親学級での歯科医師との講話による衛生教育、歯周疾患健診(20歳、30歳、40歳、50歳)、高齢期(65歳から)にはいきいきはつらつ教室での健口体操の普及、摂食・嚥下,誤嚥性肺炎の予防などの健康教育・相談、また、障害児・者に対しては歯科健診、フッ素塗布、口腔ケア、保護者、施設職員への指導等行っております。

その他、定期開設の歯科相談室、電話相談、施設や団体からの依頼による健康教育は随時行っております。これらの事業は、他職種の連携の下に行われております。そして地域での啓発を行う場合は、市内を20地域に分けており、それぞれ地域担当の保健師がおりますので相談しながら進めていきます。

また歯科保健は、食と口は一体であるという考えから歯科、栄養システム検討会を歯科医師会、行政(保健師、歯科衛生士、栄養士)で開催しております。これらの事業を進める上で、歯科医師会との連携・協力は不可欠なので先生方よりいろいろアドバイスを頂き次年度の計画へ生かしております。

かかりつけ歯科の推進

時代の多様化により市民のデンタルIQ、QOLなど、市民一人ひとりの健康度を上げるために生活習慣病であるむし歯予防、歯周病予防のためと、そして介護保険が始まり口腔ケア、健口体操の普及、摂食・嚥下の機能向上のお手伝いと、歯科保健医療対策として、歯科衛生士の行政での役割は計り知れないものがあります。「自分の健康は自分の考え、そして行動によるものでなくては確立されにくく、心身の健康は保てない」とおもわれ、身近な地域でのかかりつけ歯科医の推進をしております。これからも地域のデンタルスタッフとの協力を得ながら、市民の健康をサポートしていけるよう日々自己への研鑽が必要とがんばっております。

「歯科衛生士・その現場から」の一覧に戻る

CONTENTS

入会のご案内

住所・氏名等が変わったら届け出が必要です。

各種資料・刊行物ダウンロード

各種情報

ページの先頭へ

©Japan Dental Hygienists’Association